【寝心地グー!】Sableキャンプ用エアーマットを家で使ってみた《オススメ》

  • 2021年3月3日
  • 2021年6月20日
  • REVIEW
吹き出し、ふきだし、fukidashi
キャンプ用エアーマットの上に布団をひいて毎日寝ています。これがわりと『いい感じ』です。

『寝具用マットレスって、お手入れ大変そう』
『コスパの良いマットレスを探している』

そのようなお悩みをお持ちの方、ぜひ当記事をごらんください。
僕はSableのキャンプ用エアーマットを使っているので、その実体験をもとにお伝えします。

 

 

  この記事の内容
  • なぜ家でキャンプ用マット使ってるの?
  • キャンプ用エアーマットの使い心地は?
  • デメリットはないの?

 

結論を言うと、家でキャンプ用エアーマットを使ってみて、睡眠の質が上がりました。
もちろん少しデメリットもありますが、トータル的には大満足です。

この記事を書いている僕は、ロングスリーパー。

実は何年もすのこベッドにマットを敷かずに、じかにフトンを敷いていたのです。
さすがに寝起きに体の節々が痛くて…

睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が良くないと、活力がでなかったり不機嫌になることも…

そのように『寝ること』が大好きな僕が、サクッと解説します。

なぜ家でキャンプ用エアーマット使ってるの?

  理由は次の3つ

  • お手入れがカンタン
  • 収納、持ち運びが楽チン
  • そして安い

キャンプ用エアーマットなんて家で使うのには向いていないと思っていましたが、これが案外使えるんです。

通常の寝具用マットレスのデメリットを解決してくれます。

それでは説明していきますネ。

 

お手入れがカンタン

キャンプ用エアーマットはお手入れがカンタン♪

ビニール素材なので、汚れもサッとウェットティッシュ等でとれます。
軽いので、天日干しもラクラクです(そもそも湿気ることもありません)。

ダニも湧きにくいのも気に入っています。

その反面、一般的なマットレスは「大きくて」「重い」ですよね。
ということは、清潔に保つのも一苦労…

具体的に言うと、マットレスは湿気抜き一つにしても気軽にできません。

マットレスの種類によっては、濡れタオルで拭くのもNGだったり天日干しで素材が劣化することもあります。

収納、持ち運びが楽チン

僕が使用しているSableのエアーマットなど、多くのキャンプ用エアーマットは、「軽い」「折りたためる」というメリットがあります。

  軽い
部屋の片づけや模様替えをする時も、エアーマットを簡単に移動できます。

  折りたためる
エアーマットは、空気をぬけば小さく折りたためるので邪魔になりません。
収納や引っ越しの多い転勤族の方にもオススメです。

軽くて・折りたためるので、上記画像のように片手で扱えますヨ。

そして安い

キャンプ用とかアウトドア用のエアーマットはコスパが抜群です。

寝具用マットレスなら8千円くらいは考える必要がありますが、キャンプ用エアーマットなら3千円前後でクオリティの高いモノが買えます。

値段って大事ですよね!

※僕はSableのキャンプ用エアーマットを、3024円(税込)で買いました。

キャンプ用エアーマットの使い心地は?

快眠できています。
すのこベッドの上にキャンプ用エアーマットを敷いていますが、体の節々が痛くなることもありません。

特にSableエアーマットは厚さが14センチもあるので、すごくリラックスできます。

Sableエアーマットは、枕の位置が少し盛り上がっているんです。
この盛り上がり角度が絶妙で、眠りのクオリティを高めてくれる気がします。

すのこベッドにじかにフトンを敷いていた時とは、段違いの快適さです。

モチロン、耐久性も合格点♪
ビニール素材ですが、なかなか丈夫ですよ。

エアーマットの上に立っても、つぶれません。

  MEMO
床の上にエアーマットをおいて、ベッドとして代用するのもGOOD!

デメリットはないの?

実はデメリットもあります。

  • 空気が少しずつ抜けてくる
  • 横幅が足りない

使っていく中で感じたデメリットは、上記2点です。

それでは説明していきますね。

 

空気が少しずつ抜けてくる

Sableのエアーマットは、手動で空気を入れます。
空気ゼロの状態からだと、充分な空気をいれるには3分くらいかかるかも…

また満タンに空気を入れても、2日ほどで空気が少なくなってくることも
1週間以上たつとペコペコになることもあるので、2日毎に空気を入れる必要があります。

少しメンドイかもですが、簡単な筋トレと前向きに考えています!

横幅が足りない

縦の長さは充分なんですが…

エアーマット上にフトンを敷くと、横幅が短いのでフトンが少しはみ出ます
これはSableだけでなく、エアーマット全般に言えますが…

寝相がメチャクチャ悪いとかでなければ支障はありませんが、神経質な方は気になるかもです。

自分のお気に入りのエアーマットを探そう!

ここまでは、Sableのキャンプ用エアーマットの感想をもとに説明してきました。

あまりお金をかけずに快眠を実現するために、『キャンプ用エアーマット』は最適です。

もちろん本来の使用用途であるアウトドアにも使えますし、急な来客用のマットレスとしても有能です。

ぜひぜひ寝具用マットレスのかわりに、キャンプ用エアーマットを代用しませんか。