【4点のポイントで説明】人生がときめく片づけの魔法・改訂版レビュー

「人生がときめく片づけの魔法」ってオススメ?
部屋をすっきりさせたいし、参考になるなら買いたいんや。だれか分かりやすく教えてクレメンス。

 

こんなお悩みを解決します。
近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」に興味ある方はぜひご覧ください。

 

  当記事の内容
  • 人生がときめく片づけの魔法をシンプル紹介
  • 人生がときめく片づけの魔法の4つの重要点
  • 人生がときめく片づけの魔法の書評

 

当記事を書いている僕も、整理整頓や部屋の片づけが苦手…
ということもあり、「人生がときめく片づけの魔法」に興味が出たわけです。

 

本書はいわゆる片付けのテクニック本ではありません。部屋を片付けてそれを持続させるための、心構えを書いた本です。人生がときめく片づけの魔法を読んで、気持ちスッキリした僕が説明します。

 

   こんな人にオススメ
  • 断捨離の決心がつかない方
  • 片付けの方法がわからない方

 

当記事を読めば『人生がときめく片づけの魔法』の概要がわかります。
また、購入すべきかどうか判断できるようになりますよ。

 

当記事は気軽に読めちゃいます!

 

『人生がときめく片づけの魔法・改訂版』シンプル紹介!

人生がときめく片づけの魔法,近藤麻理恵

 

  人生がときめく片づけの魔法・改訂版

著者 近藤麻理恵
出版社 河出書房新書
発売日 2019/2/14日頃
ページ 280
定価 1100円(税別)

※2010年に出版された『人生がときめく片づけの魔法』の改訂版。

 

筆者の近藤麻理恵さんのニックネームは『こんまり』というようです。

 

   こんまりサンとは?
  • 片付けコンサルタント
  • 中学生の時から片付けの研究を始める
  • 『人生がときめく片づけの魔法』は世界40か国で出版、大ベストセラー
  • 2015、米『TIME』誌「世界でもっとも影響力のある100人」選出

 

少し前ですがNetflixで、こんまりさんのシリーズ番組が企画され放送されました。

日本だけでなくアメリカなどの海外でも影響力はあるというのが分かりますね。

 

『人生がときめく片づけの魔法』は、片づけに対する精神性が書かれた本です。片付けを行うにあたり、大切な考え方がこの本に記載されており、その点が、他の片付け本と大きく異なる点となります。

 

※片付けの方法もモチロン記載されていますが、片付けの精神性にフォーカスされた本と言えます。

 

『人生がときめく片づけの魔法・改訂版』4点の重要ポイント

人生がときめく片づけの魔法

 

   重要ポイント4つ

  • 一気に正しく片づける
  • 片付けでやるべきことは2つ
  • 心がときめくモノだけを残す
  • 捨てられないモノへの対処法

 

次の項目では各々の簡単な説明をしますネ!

 

一気に正しく片づける

一気に片づける事で、片付けの意識変化を劇的に起こす」

この意識変化により、誰もがきちんと片付けられるようになる。

 

そうすれば片付けのリバウンド※も起こらない。
※何度も何度も片付けをするハメになる事。

 

片付けの習慣を少しづつ続けるのでは、意識は変わらないとこんまりサンは主張します。

片付けでやるべきことは2つ

次の2点です。

  • モノを捨てるかどうか見極める
  • モノの定位置を見極める

 

  • モノを捨てるかどうか見極める

片付けで必要な手順は、「モノを捨てる事」「収納場所を決める」の2点だが、捨てる作業が先となる。

ただし本来の片付けで選ぶべきは「何を残すか」であるので、その基準で捨てるという行動をとるべき。

 

  • モノの定位置を見極める

なぜ全てのモノの定位置を決めるべきかというと、一つでも住所不定のモノがあると、散らかる原因になるから。

モノの定位置さえ決まれば使った後は定位置に戻すだけで、片付いた状態をキープしやすくなる。

心がときめくモノだけを残す

この本の一番の重要ポイント。

 

モノを一つひとつ手にとり、ときめくモノだけ残す。
つまり「持っていて幸せかどうか」「持っていて心がときめくかどうか」を基準にすべき。

 

その他のモノは思い切って捨てる。

その瞬間から、これまでの人生がリセットされ、新たな人生がスタートする。

捨てられないモノへの対処法

ときめかないけど捨てられないモノへの対処法は、そのモノの本当の役割を考える事が重要。

 

すると既にそのモノの役割が終えている事がわかる。

 

例えば、、、
「この服は買ったときはときめいた」
でも似合わない事が分かった。

「買った瞬間ときめかせてくれてありがとう」
「似合わないタイプの服を教えてくれてありがとう」

 

そのように感謝してモノを手放す。

 

以上が「人生がときめく片づけの魔法」の重要ポイント4点の概要です。

『人生がときめく片づけの魔法』書評

近藤麻理恵

ここからは書評という名の感想です。

 

シンプル紹介でも触れましたが、片付けの精神性に重点がおかれた本です。いわばスピリチュアルな本。

 

実際に本の中のフレーズを一つ見てみても、『洋服にエネルギーを注ぐ』のような部分があったりします。

 

また、こんまりサンは5年ほど巫女の経験があるようです。
今でも時間があればお参り等しているようで、普段から精神性を大切にされている面が伺えます。

 

さらに風水の勉強も、片づけの為に行っていたようです。

 

個人的にもう一つ興味深かったのが、こんまりさんの過去の行いです。

 

それは片づけに熱中するあまり、家族のモノをこっそり捨てていたそうです。
そしてバレると「逆ギレ」していた、クレイジーな過去があったとの事。

※現在では人のモノをこっそり捨てた事は反省しているようです。

 

そのように過度に熱中することで、「片付け」を「ビジネス」に昇華できたのではと感じます。

 

 

最後に一言。

ほんとにそれ必要?
ときめく?

 

このフレーズがときめいたなら、ぜひ「人生がときめく片づけの魔法」読んでみてね!